Palo Interior|パロインテリア
家具をメインに世界の最新のインテリアの情報をお届けします
お知らせ

今年(2021年)のミラノサローネは・・・

ミラノのドゥオーモ

海外の展示会に1年以上行けない状況が続いています。
新鮮な情報をこのブログで紹介したいので、
早く日常に戻り、展示会に普通にいけることを願う毎日です。

2021年のミラノサローネの開催は、例年の4月から9月に変更して開催予定とのことですが、
実際に開催されるかどうかまだわからないというのが現在の状況でないでしょうか。

ミラノサローネとは

・1961年より運営
現在、Salone del Mobile.Milano(ミラノアローネ家具国際見本市)と1年ごとにヨーロルーチェ(照明)とヨーロクチーナ(キッチン)が同時開催

・会場の広さ:21万平方メートル 
 *東京ドーム11個分
 *ビッグサイトの3倍

・来場者数:2019年39.6万人(181カ国)
・出店社数:2019年 2,418(43か国)

ミラノサローネの展示
通常であれば、
ミラノサローネに出店するメーカーからは、
かなり早い段階で私に新作の情報の提供や訪問日時の確認などでアプローチがくるのですが、今のところ連絡がありません。

連絡がきたと思ったら、展示会のことではなく、
「日本はコロナの状況がきびしいらしいけど、大丈夫か?」と私個人や家族の安否の確認の連絡でした。

ミラノサローネに毎年出展しているあるメーカーは出展を取りやめることを検討しているそうです。
理由は、この状況下での世界からの集客が望めないとのこと。

私も本来であれば、
開催の3ヶ月前には飛行機のチケット・ホテルの手配を終えていますが、ワクチンの未接種で不安のある中でイタリアに行けないので今年もミラノサローネには不参加で考えています。
加えて、海外からの帰国後にホテルにて自主隔離を余儀なくされることも不参加の理由です。

展示会のイベントの中止はインテリア業界だけでなく、他の業界でも同様で大変な状況ですが、良い状況になることを願うばかりです。